阪神タイガース応援ブログ

試合の内容などを書きながら阪神の躍進を願うブログです

変わってゆく阪神

最近はバントで揺さぶってスチールしたり、盗塁など積極的に仕掛けているので、その攻めの作戦自体は僕は嫌いではない。セーフティやスチール、スクイズを絶妙なタイミングで仕掛けてほしい。また、投手においては縦スライダーを用いるようになり成果を上げている。メッセ以外に小野も投げられるようだし藤浪も正確なコント―ルを取り戻す中で変化球を多用すれば阪神は秋山含め4人の強い先発を作ることができる。そして秋山や小野もフォアボールを少なくすることに励んでいる投球でいい傾向だ。フォアボールの減少は配球を有利にする勝利の入り口となる。

 

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

 

 

藤浪の復調 ドリスの抹消

楽天戦で無失点の投球をして、中谷の2ランを決勝点としてついに勝ち投手になった。僕は元々彼のメンタル面の懸念はなかった。結果が出ないことに残念な気持ちでいたが、今回は失点が無かったことよりもその投球内容が何よりもうれしかった。高速ストレートと落ちる球がキレていて相手を翻弄、そして右バッターへのインコースも堂々投げ込み変化球もしっかり投げ、フォアボールが少なく理にかなった配球で勝利できたことである。それが何よりうれしかった。ドリスはロッテ戦の2失点以降発熱で抹消とのことだが言葉のコミュニケーションも難しいし、抑えという重要ポジションでミスを重ねると彼のメンタルは心配である。

 

うちのエースのお得意はやっぱりDeNAでした

DeNA戦 横浜スタジアム

1高山2上本3糸井4福留5原口6鳥谷7北條8梅野 先発 藤浪

藤浪は荒れるどころか安定の投球を見せてくれました。相手の井納もよく投げ、落ち着いた投手戦になりました。藤浪は梶谷のHRの1失点のみ、チームは梅野のセーフティーバント、荒木の送りバント、高山のタイムリーなど9回に得点し見事勝利した。

 

阪神猛打炸裂、でも最後はヒヤヒヤ

DeNA戦 横浜スタジアム

1高山2上本3糸井4福留5原口6鳥谷7北條8梅野 先発 秋山

継投 桑原 高橋 マテオ ドリス

福留のタイムリーと秋山の好投で幕が開いたこの試合。失点はあったものの秋山は良い投球を見せた。そして阪神の猛打が炸裂、梅野、糸井の2点タイムリーに原口のHRなど凄かったです!余裕で勝ったと思っていたら追い上げを受け、最後は手に汗握るドリス筒香の対決になりました。まぁ勝ってよかった~秋山が勝ち投手になりました。

本音で書く 藤浪に復調してほしい 2軍調整で良い

13日急遽DeNA先発が決まった。東スポの記事にショックを受けた上、時間が無いので自分の意見だけは述べておきます。僕は阪神ファンだ、藤浪に復調してもらい様々な悪いイメージを払拭してほしい、これが本音です。2軍に落ちて1軍に上がる人はたくさんいます。2軍でしっかり調整、原因を突き止める、直接原因になっているインコースの変化球を根本的に改造するなど改善を図る、金本監督も言うようにストレート勝負球を増やし変化球に依存しすぎない新たな配球を考えるなど、彼に必要なのは時間ではないでしょうか。球団も彼を登板させる以上、無理な変化球は止めさせ、敗戦覚悟で望んでも藤浪を守るべきです。それが今日登板させるということだと僕は思います。藤浪、君が立ち上がる姿を多くの人間が見ている、信じている人がいるし、それがエース、大スターの宿命なのだろうと。

東スポ 藤浪の記事・・・

東スポWEBのある記事に困惑とショックを覚えたので書くことにした。困惑したのはネットの書き込み中傷とは違い、正規のスポーツ新聞社が「DeNA喜ぶ 雨天中止で危険な阪神・藤浪との対戦回避」という記事を出したことだ。球団関係者の意見としてDeNA、そして阪神の藤浪に対する見解までも同誌は報じている。DeNAの関係者は「雨の日に藤浪に当たって筒香に何かあったら」と言ったという。そして阪神の関係者は「彼が変わらなければ球団も藤浪を見放すという言及が報じられている。乱闘の時はかばったが球団は藤浪を良く思っていないようだ。東スポに言いたいことは2つ、この記事を書いた人の名前を書くべき、球団関係者とは誰なのか、あまりにアバウトな記事だ。ネットなど世間の中傷をますます助長させるだけの記事だと感じた。

DeNA喜ぶ 雨天中止で危険な阪神・藤浪との対戦を回避

【阪神vsヤクルト大乱闘】大荒れ藤浪に最後通告

 

 

北條2本塁打!!巨人粉砕 4月9日(遅延投稿)

巨人戦 甲子園球場

1高山2上本3糸井4福留5原口6鳥谷7北條8梅野 先発 能見

継投 桑原 マテオ ドリス

雨天ノーゲームの翌日は曇りながら最近では良い天候でした。チケット完売4万人を超える観衆の中行われた試合は能見の好投により前半は無失点で巨人を抑えました!そして打撃不振の北條がソロHRを打ち先制。後半能見が1失点でランナーを出し降板、その後2点タイムリーを浴びてしまいます。しかしこの日の阪神はここでは終わらず、鳥谷ヒット出塁、ランナーをおいて北條に同日2本目のHR!今度はなんと2ラン、これは本物、実力特訓の成果ですな。そして上本が勝ち越し決勝弾を叩きこみ巨人にとどめをさしました。ドリスにセーブがついた試合です。